オーガニックコスメ好きのママブロガーによるナチュラル・オーガニックなコスメや育児の話題を発信しているブログです

*

資生堂HAKU冷却クリームをお試し、美白・シミについては医薬部外品を使うのはありだと思います

      2016/01/10

資生堂HAKU美白クリームのトライアルセット

美白・シミ対策コスメとして一番有名なのは資生堂HAKUだと個人的には思っています。
最大手の化粧品メーカー資生堂の美白コスメHAKUは「医薬部外品」に分類されるスキンケアライン。

私がいつもこのブログで紹介しているオーガニックコスメとは対極にあるようなスキンケアラインですが、こと、「美白・シミ」対策として、真剣に悩んでいる場合は一定期間こういった医薬部外品の美白コスメを使用するのは全然ありだと思います。

資生堂公式サイトHAKU

スポンサーリンク

医薬部外品の美白コスメを使うのは風邪の時にお薬を飲むようなもの

haku9

これは私が愛用している某オーガニックコスメメーカーの社長さんが良くおっしゃることなのですが、医薬部外品のスキンケアは、病気になったときに薬を飲む行為に似ていて、継続的にずっと使うものではないけれどど、肌の悩みをいったん沈静化するために使用うのは効果的です。

病気になったとき、本当に症状が重いときは薬を飲むという人が一般的だと思います。
お薬は対処療法としてはすぐに効果ができますので、病気の症状をすぐに収めてくれ、その間に安静にして体力や免疫力を回復させて、健康な身体に戻りますよね。
そして、症状が治まるとお薬は飲まずに日々の適切な食事や運動、睡眠で健康な身体を維持していくという考え方が一般的かと思います。

これをスキンケアに置き換えてみると、明らかに紫外線などの外部環境から受ける刺激の影響で急にシミやくすみができてしまったり、増えてしまったときが肌の病気状態だと考えると、一時的に医薬部外品の美白コスメを使ってあげて、肌の症状を抑えてあげる。
そして少し症状が落ち着いてきたところで、オーガニックコスメなど自然由来のもので肌本来の美しくなろうとする力を時間をかけて引き出してあげるというのが理想的
もちろん、その場合はスキンケアだけではなく、食事や運動、睡眠なども併せて・・・がベストです。(オーガニックコスメを使用しだすとスキンケアはお肌だけではなく、身体全体の調子とリンクしてくるんですよね^^)

なので、もちろん理想としてはスキンケアはオーガニックコスメなどのナチュラルな成分を中心に使っていきたいのですが、どうしても急激な外部環境の変化(夏の紫外線や季節の変わり目など)によるシミやくすみなどの悩みには医薬部外品の美白コスメを使うことを私は有りだと思います。

医薬部外品の美白コスメは長期的に販売され続けているブランドを

個人的に医薬部外品美白コスメを使う上では長期間販売され続けているブランドかということと、新成分が配合されてからも長期間販売されているかという点は気を付けてみるようにしています。
新しく開発された美白成分などが配合された美白コスメに飛びつくのは怖くてできません^^;。

資生堂HAKU美白クリームの使用感

その点、資生堂のHAKUは2005年から発売されたブランドであり、現在のHAKUのメインの美白有効成分4MSK(4-メトキシサリチル酸カリウム塩) も2009年から配合されている成分。またm-トラネキサム酸と4MSKを併せて「高メラノ機能体」という表現が売りになっていますが、m-トラネキサム酸は美白成分として広く一般的に使用されている成分なので、そんなに神経質になる必要もなさそうです。

もちろん、これは個人の考えですので、オーガニックやナチュラルなコスメがお好きな方の中には、オーガニック成分メインのコスメ以外は絶対に使わないという方もいらっしゃると思います^^。
それを否定することはしませんが、もしシミや美白系の悩みが深い方は、医薬部外品の美白コスメを使うことはありだと思いますし、またその場合は長期間販売されているブランドをチョイスなさることをお勧めいたします。

その点、資生堂のHAKUは医薬部外品の美白コスメとしてはかなり気になっていたコスメ。
そして、今年の夏ウェブ限定販売ではありますが、資生堂HAKUから冷却ソリッド美白クリーム「HAKU メラノクール」が登場したので、思わず試さずにはいられなくなりました^^。

ちなみに、資生堂のHAKUは成分に関しての説明動画も多数アップされているので、美白成分4MSKや「高メラノ機能体」って何?という方は資生堂研究員の方による公式動画などもお勧めです。

資生堂HAKUの冷却ソリッドクリーム、トライアルサイズを試してみました

そして、ウェブ限定販売中の資生堂HAKU冷却ソリッド美白クリーム「HAKU メラノクール」を試してみました。
これ本製品は大容量のため購入するのはためらわれたのですが、トライアルサイズが販売されていたという点が私が思わず飛びついてしまったポイントです^^。

尚、冷却という名前がついています通り、冷やして使うクリームですので、保存は冷蔵庫です。
届いたときもクール便で届きました。

冷却ソリッド美白クリーム「HAKU メラノクール」のテクスチャ

早速届いたHAKUの冷却ソリッド美白クリーム「HAKU メラノクール」使ってみました。
蓋を開けるとつるつるの表面でこれまだ蓋かな?と思ってしまうほどだったのですが、付属のスパチュラを使うとサクッという感じで表面からサクサクと取り出せました。
資生堂HAKU美白クリームをスパチュララで使用

最初のテクスチャの感じとしてはソリッドという表現もあるように、ちょっと固形感のあるテクスチャ
氷の粒が入ったシャーベット状といいますか、独特なテクスチャーです。(氷が入ってるわけではなくあくまでテクスチャーのイメージです)

資生堂HAKU美白クリームをスパチュラでとってみたところ

何と言いますか、最初は本当にサクサクした感じです。

肌に載せてすぐも、まだ固形っぽい部分が少し残っています。
HAKU冷却美白クリームのテクスチャ

けれどしばらくすると体温で温められ急にとろ~っとバターのようなテクスチャに代わり、一気にクリーム状になっていきます。
そうなると肌へす~っと伸びて馴染んでいくのがわかります。
サクサク⇒とろ~⇒す~っという感じ。不思議な感触です。

冷却ソリッド美白クリーム「HAKU メラノクール」の使用感

ちょっと不思議な感触でしたが、肌になじませた後はす~っと肌に広がっていき、べたつくようなこともなく気持ちの良い使用感。
冷却した状態で使うので、ヒンヤリ感もあります。
このヒンヤリ感は夏の暑い時期に使うと結構やみつきになるかもしれませんね^^。

ただし、私の肌はアルコール系成分に敏感なのですが、このクリームを塗って時間が経った頃にややしっかり目に塗った部分に刺激を感じましたので、敏感肌の方はもしかしたら刺激を感じる可能性はあります。

使用方法として、気になる部分に置き、指先で気になる部分を中心にゆっくりと溶かしこみ、その後顔全体に広げるという方法なのですが、まずは気になる部分にだけ集中的に使用してみて肌との相性を見てみるという方法が良いかもしれません。

その点、今回私が使用しているお試しサイズ(10g)があるというのは非常にありがたいですね^^。

冷蔵庫保存用ポートと資生堂HAKUのスキンケアシリーズサンプルも

そして、付属品として、HAKUのソリッドクリームを冷蔵庫で保管するとき用のポーチも入っていました^^。
HAKUの保存用ポーチ

「冷却ソリッド」という名前がついている通り、保存は冷蔵庫ですので、冷蔵庫にぽんと置いておくことにちょと抵抗がある方などはポーチが活用できますし、またご家族が間違って食べたりしないように注意書き用のシールもついています^^。(確かにちょっとアイスっぽいんですよね)
薬用美白クリームの注意書き

また資生堂HAKUの既存スキンケアラインも3種類サンプルパウチが入っていました。
資生堂HAKUのサンプル

美白化粧水×4、美白乳液×4、美白美容液×4です。
HAKU自体ずっと使ってみたかった美白コスメですので、こちらは旅行用などで使用して肌への刺激などを試してみる予定です。

今回の資生堂HAKUソリッド美白クリームはウェブ限定、数量限定での販売ですので、資生堂の公式ショップ「ワタシプラス」のみでの販売です。

通常サイズは45gで10,800円。トライアルサイズは初回限定、10gで2,484円で購入できますよ。

資生堂公式サイトHAKU

HAKUとは関係ありませんが、資生堂は2013年に動物実験を廃止しました。
日本の最大手化粧品メーカーが動物実験を廃止したということは本当に素晴らしいことだと思います。
この一件で私の資生堂に対するイメージが急激に良くなりました^^。

 - 美白コスメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

スポンサードリンク

  関連記事

関連記事はありませんでした

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です