オーガニックコスメ好きのママブロガーによるナチュラル・オーガニックなコスメや育児の話題を発信しているブログです

*

琉白(るはく)のUVケア、ブライトニングケアアイテムは夏にぴったりの使用感

      2016/11/11

琉白のオーガニック美白美容液と化粧水

夏になると俄然注目してしまうのが、美白やブライトニングのアイテム。
美白というとメラニンの生成を抑えてシミを防ぐといった、日焼防止けやシミ対策の美白コスメが特に人気ですが、日焼けやシミ以外の肌のくすみや毛穴の開きによる肌のどんよりとした状態が気になる方も多いですよね。

美白のためのUVケアやシミ対策は美白有効成分が配合されたものや日焼け止めというわかりやすい対策がありますが、何となく肌がくすんでしまう状態の方向けのブライトニングケアも結構重要です^^。

そんな日焼けやシミ対策だけではなく、透明感、ツヤ、つるつる、なめらかさ、毛穴引き締めなどによる肌のブライトニングアイテムで、更に夏向けのさわやかな使用感の琉白(るはく)シークワーサーシリーズ。
夏には少し早いですが、私もお肌のブライトニングに注力するために、早速ライン使いでお試ししてみましたので、その特徴や使用感などをお伝えしてまいりますね。

スポンサーリンク

ブライトニングケアができる琉白(るはく)シークワーサーシリーズ

琉白(るはく)はこのブログでも何度か記事でご紹介したことがあるブランド。
沖縄発祥の国産オーガニックコスメで、基本のラインは月桃(げっとう)という沖縄伝統ハーブが使われており、オーガニック認証(エコサート)取得済みの本格派スキンケアブランドです。

元々の月桃のスキンケアシリーズは、保湿やエイジングケアなどを売りにしたアイテムですが、新しいラインとしてブライトニングケア用のシークワーサーシリーズが販売されています。

このシークワーサーシリーズの売りはシークワーサーに含まれる「ノビレチン」という成分。
このノビレチンはお肌の光老化を防ぎ、メラニンの生成を抑制し、紫外線による皮膚細胞の炎症も抑制する働きが注目されているんです^^。

更にブライトニング効果の高い、ユキノシタ・紫根・甘草のエキスや美肌成分の定番であるビタミン類も豊富とあって、成分やコンセプトとして非常に魅力的なアイテムです!

と・・・ひとまず一般的なシークワーサーシリーズについての情報はこの辺にしておいて、実際の使用感をお伝えしますね!
「ノビレチン」やそのほかのブライトニング成分などについては、琉白(るはく)の公式サイトでかなり詳しく掲載されていますのでチェックしてみてくださいね。

特に成分については、商品個別ページで一つ一つの成分について、由来植物や肌への役割、原産国などが詳細に記載されていますのでかなりわかりやすく非常に好感が持てるオーガニックコスメブランドさんなんです。

公式サイト琉白シークワーサーシリーズ

琉白(るはく)シークワーサー化粧水

今回私が試してみたシークワーサーシリーズは、化粧水と美容液、そしてUV下地の3種類。
まずは化粧水からです!

琉泊の美白化粧水

こちら、普通に肌にパシャパシャと浸透させるように使用しても良いのですが、拭き取り用化粧水としても使用できるアイテムです。

シークワーサー化粧水の使用感と成分など

オーガニック美白化粧水るはくのテクスチャー

先ほども「パシャパシャ」と書きましたが、ほぼ水のようなテクスチャーでかなりさっぱりとした使用感。
そして何より香りが柑橘系のシークワーサーそのものなので、清涼感が非常に高いです!

化粧水として顔にしっかりとのせたときだけでなく、拭き取り用としてガーゼなどを浸して拭き取るだけで香りがスーッと入ってくるので、特に夏場は間違いなく気持ちのいい使用感。
我が家では夫様も髭剃り後などに私の化粧水を借りて使用することが多いのですが、さっぱりとした使用感と柑橘系の万人受けする香りが男性にも合っているようで、好んで使っています^^。

ただし、テクスチャーからも想像できる通り、さっぱり感が重視されているので保湿に関しては物足りなさを感じる方もいらっしゃるかもしれません。
けれど、私自身は使用した季節(5月~6月)も関係しているとは思いますが、特段の保湿不足を感じることはありませんでした。(化粧水の後にシークワーサー美容液を使用、また一部に個人的に愛用しているホホバオイルを使用しています。)

成分としては、琉白の既存の月桃シリーズなどと同様に、基本的に天然由来の成分100%で作られており、使用していて安心感は高いです。

メインのベースはオリーブスクワランオイルとシークワーサー水なのですが、「オリーブスクワランオイル」はスキンケアに配合されていることが多い、オリーブオイルとは全く違うもので、オリーブオイルを複数蒸留させて作るもの。
オリーブオイル1kgあたりたった2-7g程度しかとることができない貴重なオイルなんです。
※「スクワラン」は皮脂にはじかれることなく浸透するので肌なじみがとてもよいオイル。

その他、レモン果汁やノニ果汁といった美容成分も配合されており、使用感・成分ともにジューシーな化粧水という印象でした!

全成分は以下の通り。

水、シイクワシャー果実水※、ペンチレングリコール、プロパンジオール、シイクワシャー果実エキス、ムラサキ根エキス、スクワラン、ユキノシタエキス、カンゾウ根エキス、シャクヤク根エキス、ビルベリーエキス、サトウキビエキス、サトウカエデエキス、オレンジ果実エキス、レモン果実エキス、オレンジ油※、バクホウシアシトリオドラ葉油※、ビサボロール、ジグリセリン、BG、ミリスチン酸ポリグリセリル-10、ヘプチルグルコシド
※有機栽培原料 (キャリーオーバー成分も表記しています)

成分を見てもわかる通り、植物エキスが非常に豊富。
成分表後半に出てくるケミカルっぽい名前の成分も全て自然由来の成分です^^。
(前述しましたが、成分の詳しい効果などについては商品ページにかなり詳しく書かれています。)

琉白(るはく)シークワーサー美容液

オーガニック美白コスメるはくの美容液とUVミルク

そしてスキンケアラインでもう一つ使用したのがシークワーサー美容液、シークワーサーブライトニングエッセンス。(上記写真左側のアイテム)

こちらは、昨年美容液単品で使用したことはあり、既に使用感が良いことは確認済み^^。
以前のものは全て使いきってしまったため、今回は2回目の使用です。
参考琉白(るはく)のシークワーサー美容液で夏の終わりの美白ケア

シークワーサー美容液の使用感と成分など

琉白のオーガニック美白美容液

化粧水はパシャパシャ系のテクスチャーでしたが、美容液はややぷるんとしたジュレ状
肌に乗せるとサラリとしたオイルのような感触になりすぐに塗った手のひらはサラサラの状態に、顔の部分は特に頬などはしっとり感は感じるのですが、表面はすぐにサラッとした状態になります。

個人的に私は口回りが乾燥しやすいのですが、化粧水同様やはりさっぱり系の使用感なので、気になる部分には重ねづけしてもよさそうです。(口回りにごく少量を二度付けしますがべたつきません)
しっかりつけてもべたつきにくいのはやはり夏にぴったりの使用感ですね!

成分としては、基本的には化粧水と同じくメインのベースはオリーブスクワランオイルとシークワーサー水。

全成分は以下の通り。

シイクワシャー果実水※、BG、ジグリセリン、スクワラン、水、シイクワシャー果実エキス、ヤエヤマアオキ果汁、 レモン果汁、ムラサキ根エキス、カンゾウ根エキス、ユキノシタエキス、 ヒアルロン酸Na、シロキクラゲ多糖体、サリックスニグラ樹皮エキス、オレンジ油※、バクホウシアシトリオドラ葉油※
※有機栽培原料 (キャリーオーバー成分も表記しています)

化粧水とかなり似ていますが、実は美容液の方がシンプルな作り。
とはいえ、プルンとした感触の元であろうと思われる、シロキクラゲ多糖体など効果な保湿成分(ヒアルロン酸をしのぐ保湿力といわれています)が配合されていたりと爽やかでさっぱりした使用感の中でも保湿力を補う成分が見受けられますね!

琉白(るはく)UVケアミルク

そして最後にUVケアミルク。

こちら、実は私が産後でほとんど外出していないため、実際にお外の生活シーンでは使えていませんので特徴と室内での使用感にとどまりますがお伝えいたしますね。

まず、なんといっても特筆すべきは、完全オーガニックのUVミルクなのにSPF50 PA++++というUV対策においては文句なしの高機能を備えたアイテムだということ。

個人的には通常の日常生活の中ではSPF25~30 PA+++ ぐらいでも十分日焼け止めとしての機能は満たしていると思うのですが、やはり真夏はちょっと心配でかなりこまめに塗りなおしています。
当然、どんなに高機能のUVでもある程度の塗り直しは必要ですが、琉白のUVミルクだと真夏に長めに外出するときでも安心できそうですね。

更にウォータープルーフとまではいきませんが、水となじみにくく、水で洗い流すことがほとんどできない「W/O(ウォーターinオイル)処方」という撥水性を出す処理が施されているため汗にも非常に強い作りになっている点も真夏にぴったりです!

シークワーサーUVミルクの使用感と成分など

こちらのシークワーサーUVミルク、ほんのり肌色がついたタイプの下地です。
UVミルクという名前の通り、やや水分が多めのミルク状のテクスチャーで、時間がないときでも顔全体にさっと伸ばせる点は非常に使いやすいです。

UV選びの時に気にされる方が多い、紫外線吸収剤はもちろん不使用。(紫外線散乱剤として多孔質な酸化亜鉛が使用されています)
また、ナノ化原料も不使用でやはり成分的にも非常に安心できるUV下地です^^。

琉白のUVケアミルクテクスチャー

ただ、私が少し使用した印象では、色味がややのっぺりとしているので、肌色がついているからといって、これだけではちょっとファンデーションやBBクリーム的に使うにはものたりないかも・・・と感じてしまいました。下地なので当然といえば当然なのですが^^;。(とはいえまだしっかり使っていないのでUV下地としてもう少し本格的に使ってから使用感は書き直します。)

琉白のUVケアミルク

色味や肌に乗せたときの美肌効果などはまだ微妙な印象ですが、白浮きなどは当然しませんし、塗りやすく肌なじみも良いので、オーガニックUVアイテムでSPF50、PA++++を実現しているのに、塗り心地や軽さ、白浮きのなさも実現したことはかなり驚きではあります!

質の高い夏向けの本格派オーガニックコスメ

さっぱり目の爽やかな使い心地でブライトニングもできるオーガニックコスメとしては全体的にかなり魅力度が高く、使用感も良いアイテムでした!
化粧水や美容液など、パシャパシャさっぱり系なので私は一度についつい多めに使ってしまうため、ちょっと量が少な目かなということも気になりましたが、ひと夏(2~3か月)でしっかり使いきれそうな量です。

質の良い夏向けのブライトニング系オーガニックコスメを探している方にはぴったりのアイテムですのでチェックしてみてくださいね。

公式サイト琉白シークワーサーシリーズ

 - 琉白(るはく), オーガニックで美白

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

スポンサードリンク

  関連記事

オーガニックの美白
オーガニックコスメと美白ケアのお話し

オーガニックコスメのブログをやっていると、時々友人からおすすめのオーガニックコス …

HANAオーガニック美白ライン、ホワイトジェリー
HANAオーガニックのホワイトジェリー美容液はシナノピクリン配合♪

先日記事で書いたオーガニックコスメと美白に関する記事。 参考オーガニックコスメと …

琉泊のシークワーサー、オーガニック美白美容液
琉白(るはく)のシークワーサー美容液で夏の終わりの美白ケア

沖縄オーガニックコスメの琉白(るはく)から昨年発売された新シリーズ「シークワーサ …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です