ナチュラル育児

やわらか湯たんぽ、健康館の温美 湯たんぽゆ〜ったりを使っています

温美 湯たんぽゆ〜ったり

ウェットスーツ素材で作られた軟らかい湯たんぽ「温美 湯たんぽゆ~ったり」という冬をぬくぬくに過ごすためのアイテムを最近毎日使用しています。

湯たんぽと言えば、陶器製やステンレス製など固いタイプのものが主流ですが、この温美 湯たんぽシリーズはふにゃにゃ~のやわらか~い湯たんぽ。

夜寝る時は足元に陶器製の湯たんぽを入れて寝るのが習慣になっている我が家ですが、やはりパソコン作業など座っている時にも湯たんぽの暖かさに包まれたいな~と思っていた願いを叶えてくれたのがこのやわらか湯たんぽさんです^-^。

この湯たんぽゆ~ったりは、形も独特なので、方に載せたり、お尻の下に敷いたり、抱っこしたりと、寝る時以外の日常生活のデスクワークやくつろぎタイム中に使える画期的なも湯たんぽです!

表面素材は軟らかのふにゃふにゃ~な湯たんぽですが、使い方は一般的な湯たんぽと変わりません。
蓋を外して、お湯を入れて使用するだけ。
温美 湯たんぽゆ〜ったりの蓋

専用のジョウゴもついてきて、ちょうど蓋の口に設置できるので、お湯を注ぐときにこぼす心配がなくて非常に使いやすいです。
kenkoukan-yutanpo4

素材は先にも書きましたが、ウェットスーツの素材でできているため、お湯を入れてすぐは温かさが感じられませんが、身体をくっつけているとじわじわとお湯の温かさが伝わってきます。
温美 湯たんぽゆ〜ったりの縫い目

縫い目もすごく丁寧でお湯漏れなどの心配も一切ありません。
首、肩、肩甲骨、背中、二の腕、腰、お腹、お尻、太もも。就寝時には足元にと色んな場所に使える形状ですが、個人的にはデスクワーク時にお尻の下に敷いて使うのが一番気に入っています。

じ~んわりお尻から温まって、下半身がポカポカしてくるんです^-^。

それから、猫と一緒に暮らしている人は猫用の湯たんぽとしてもおススメ。
基本は私が使用しているのですが、ちょっと席を外して油断していると、凹部分の真ん中に猫が入り込んで寝ていることが多いです。(我が家は猫が多いので取り合いになっていることも多々あります・・・)

ペットヒーターなどと違って電磁波もないお湯の暖かさなので、猫などの小動物にはすごくありがたい商品です。
私も日中は自分用として使っていますが、夜は猫用に置いてあげています。

お湯は最大で2L入るタイプですが、私は半分の1Lほどを入れて湯たんぽ自体のボヨンボヨンした軟らかさも楽しんで使っています。
温美 湯たんぽゆ〜ったりに使うお湯はティファールで沸かしています
ちょうど1.2L沸かせるティファールを使って毎回お湯を入れています。
(電気代的には大体1回1L沸かすのに3円~4円程度のようです)

電気代、お水代もそんなにかかるものじゃないですし、ホットカーペットやヒーターを消して湯たんぽで温まるエコ生活の方が個人的には好みなので、しばらくはこのやわらか湯たんぽさんを活用していく予定です。

このやわらか湯たんぽ「温美 湯たんぽゆ~ったり」は健康館さんというセレクトショップで色んな種類が発売発売されていますよ~。
カラ―はラベンダーとボルドー(今回私が使用しているカラー)二色あって、8,900 円です!
>>温美湯たんぽ

個人的に次に欲しいのは、この「歩ける湯たんぽ」!!

青と赤二色あって、同じくウェットスーツ素材の靴状湯たんぽです。
実際爽快に歩けるというわけではない(お湯を入れると重いので)のですが、かなり足があったまりそう!!

冷え取りをやってる方には喉から手が出るほど欲しいんじゃないでしょうか。(私含め)
形状が複雑だからか、15,120 円と少しお高めですが、これはお値段以上に活躍してくれそうな予感がします。

クリスマスプレゼントに夫様におねだりしてみようか・・・と真剣に検討しているところです^-^。

-ナチュラル育児

Copyright© ナチュラルママ通信@コスメと育児 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.